居抜きにおける開業の注意点①

歯科 居抜き開業

デス・テナント

居抜きにおける歯科開業での注意点は様々であるが、機材的な面は専門外なので省かせていただきますが、1番気を付けるべき点は、
・死んでいるテナントかどうか?(デス・テナント)
という点だと思います。

再執筆について|歯科経営・歯科開業を考察

多くの歯科医師さま、歯科衛生士さまや医療関係者の方から当サイトへのお問い合わせが驚くほどあり誠にありがとう御座います。

当サイトはあくまで主観的で自分の行動に基づいて書いているため、誰しもに共感できるとは言いがたいですが、それでも多くの歯科医院さまに結果としてお喜び頂いている事も事実です。
あくまで1人の個人的な歯科経営サポートにおけるブログと考察とおお思い下さい。

歯科医院 経営の悩み

歯科医院経営の悩みは、開業された先生は必ず何かしら持たれるものです。
しかしながら、多くの医院さんのコンサルティング・サポートをしているとそれらの悩みはとてもシンプルです。

歯科医院 経営の悩みはおおよそ4つに分けられる

問題はとてもシンプルです。それらは、

1.患者が増えない

2.スタッフが使えない、使いこなせない

3.自費が増えない

4.募集が来ない

ではないでしょうか?
もちろん様々な問題や入り組んだトラブルなどもご相談を受けますが、歯科医院経営についてはほぼこれらが主な悩みでは無いかと思います。

各項目ごとに考えてみる

では、すべてを1つずつ分けて考えてみると意外なことに気付きます。
まず、患者が増えないという悩みに関して抱えている場合、であれば患者が増える対策は何をしているのか?という視点で問題を考えなくてはなりません。

患者が増える対策は、意外にシンプルでもきちんと定期的に行なうと効果や反響は必ずあります。

スタッフが使えない、使いこなせないについてはどうでしょうか?
実際に経営されている医院は働く側にとって企業のそれらと同じように労働環境や昇級・賞与や目標達成やモチベーション管理、ミーティングのスキームがしっかりと確立されているでしょうか?
もし、それらを行なっていると思っていても実は裁量判断がスタッフに与えられているようで与えられておらず・・・であったり、いつも院長に判断を仰ぐ・・・ような医院は多く見受けられます。
スタッフが使えない・使いこなせていないというのは、厳しい言い方ですがスタッフに責任や責務を与えていないことで結果として成長しないスタッフにしてしまっていることが多いです。

歯科医院経営セミナーなどよりも、中小企業経営セミナーなどを受けることで「ハッ」と気付く先生も多いです。
大きな企業のノウハウを学ぶことは従業員を成長させる手法を医院経営に取り込むことにとても有効的だと思います。

自費が増えないについてはどうでしょうか?
上記と同じで、では、増えるスキームはどんなことをしているか?という答えになります。
自由診療は、その情報をいかに患者と見込み患者に伝達するかが重要であると思います。自由診療の割合を増やすためにはやはり戦略的に結果を出すための経営戦術と計画が必要です。これらについてもお薦めの本がありますので参考にしていただければと思います。
この本の良いところは、読んだ上で経営コンサルの提案や話しを聞くととても経営的な思考で目標に対し向き合えるところです。

さいごに、募集が来ないについてですが募集サイトに掛けることだけが全てだと思っていませんか?
多くの中小企業は人材を獲得するために自社の募集サイトを本サイトとは別に作ってたり、入社時期や転職時期に合わせて見学や個別説明、もしくは数ヶ月先に転職を考えている方へのアプローチなども重要です。

そして何よりも、既存のスタッフが働きやすい環境を作り、成長できる・学べる環境を最適化することも重要です。
当社も募集に対しては専用のサイトを作って募集しています。参考になさって下さい。
アルファージールWEB事業部募集サイト

募集は「募集が来る環境を作る」ことが大切です。もちろんそれは医院の成長度合いによって手法も変わってくると思います。
多くの先生はお一人から開業なされて、医院を大きくしていくことが多いと思います。それは分院展開だけではなく、ご自分が多くの患者さんとたずさわる中で自分の理想とする医院経営につなげていくことが何よりも大切だと思います。

おひとりで全てを考えることも素晴らしいですが、歯科医院経営者は、歯科医師というプレイヤーであり、経営者であり、指導者であり、あらゆる業務をすべて要求される大変なお仕事です。
少しでも分業や無理をしない歯科医院経営のために良いコンサルタントや情報・ツールを手に入れていただければと思います。

ページトップに戻る